●○ プロフィール

うみお

Author:うみお
みくしぃID:13408697
すかいぺ:agm-114_hellfire

THE IDOLM@STER


< alt=


●○ ついったー

●○ ブログメニュー

●○ カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

●○ アイマスリンク
●○ 友人ブログリンク
●○ FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示

--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/04/13//Wed * 17:59
●○アイマス2の全実績解除を終えたので


3月中には終わってたのだけど文章書く気力がなかった
これ全部書くのに1週間くらいかかってるんだけど何なの俺アホなの







一人一周ずつしたのでちょろっと感想でも
ネタバレ含みますが発売から1ヶ月以上経ってるしきっと大丈夫だよね・・・多分


ユニット名は全て某KONMAIの音ゲーの曲名から拝借
やってみると結構見栄えいいんですよねこれ
てかチョイスがどう見ても指厨です本当にry




【1st】 春香、響、真美
【ユニット名】 Starmine
元は電撃G'smagazineで連載する漫画のユニット名公募に送ろうとしてやめたものを引っ張ってきました
トライアルエディションのプレイ動画を見て、最初はこの3人で行こうと決めていたので早速進行
まー案の定どうすればいいのかわからず適当に進めていった結果が案の定のバッドエンドですよ
20位に入れなかったので1回、ジュピターループで4回特訓させられましたよ^q^
15時間ぶっ続けでやってループ食らった上でバッドエンドってどんな苦行ですかとw 久々に悔しくてガチ泣きさせられました
あとから思えば、ここでバッド見てなかったら後々のモチベがもっと下がってたかもしれないので初回に見ておいてよかったのかもしれませんが
唯一悪い意味で泣かせてしまった3人なので、もう一度この3人で絶対トップを取らせたるで
つか既に今やってます^ω^がんばろー


【2nd】 雪歩、真、千早
【ユニット名】 Sweet Rain
泣いて10分くらいしてからすぐ次に立ち上げたLMGのPVユニット
途中中断するまで前のユニットから数えて25時間ぶっ続けで飯も食わず風呂にも入らずやり続けてて軽く死にかけました(´Д`)
社長のメールを洗いざらい全部読みなおして、地域賞の取り方と大賞の条件を復習
まー結局地域賞の人数を勘違いしてて南エリアを20万くらい集めたりしちっゃたのですけどw 結果大賞と地域賞2つ獲得でグッドエンド
初回のエンドロールは全く読んでなかったので、作詞があずみんってことはおろかFirst Stepという曲の存在すら知りませんでしたw

しかし今回の雪歩は今まで以上に「元気にネガティブ」になったという印象があります
ゆりしーの演じる雪歩と言えばか弱い声ですが、あずみんの演じる雪歩はか弱さの中にも芯の強さを見せるような声に聞こえます
儚さ、優しさ、芯の強さ。どれも雪歩にとって大切なものですし、どちらがいいかとか比べる必要もない。そこにいるのは「萩原雪歩」なんですから
自分を抑えきれなくなってPに自分の気持ちを思い切りぶつけてくる雪歩に衝撃を受けつつも、今まで見せたことのなかったそういう姿に何故か嬉しくなってしまったんですよね
無印やSPストーリーとは違った、新しい成長を見せてくれた彼女が今のところアイマス2で一番好きなシナリオかもしれません
まだFirst Stepの2番は聞かせてもらってないので、もう一度このユニットでLMG歌わせて完全制覇させますよっと

あとこのユニット完走後にあずみんにファンレター書いてブシロライブに持っていったのですが、先日彼女から返事が届きました。直筆で。びっくりです


【3rd】 貴音、美希、やよい
【ユニット名】 スペースカーニバル
貴音とやよいの身長差にバカウケしながら選んだ3人。決して余ったからではry
BAのレート計算や記者の有効性、フェス戦術など完全制覇への重要な要素がわかってきたのが40週過ぎてからだったので、残り時間が足りなさすぎたため大賞と地域賞4つでグッドエンド

まー結局貴音さんの謎が深まってしまったような感じですw
今そこにいる貴音は本当に貴音なのか、本当に地球外から来たのかなどなど、その辺はボカしてユーザーの想像に任せますなのかもしれませんが。これって丸投げry
もしかしたらトゥルーで少し語られるかもしれませんし。楽しみにしておこう
SP時代からその片鱗は見せてましたが、本当に彼女は頑固者ですねw
横文字苦手なのとか一般常識に欠けるのはわかってましたが、あと割と感情的になりやすいところとか
普段の装いがアレだからというものもあるからでしょうが、意外な一面が多くて楽しかったです


【4th】 響、やよい、雪歩
【ユニット名】 さよならトリップ
身長が低い下から3人をチョイス
売り出し方や戦術などはまだ固定できてないものの、特化型育成やスガモ+記者のおかげで何とか初全制覇
2ndユニットの時もそうだったのですが、何故か雪歩の営業のパフェ率が高く、このユニットではかなり救われました
選択肢なしでパフェ確定のボーナスコミュがあるのもこの頃知った…はず
これ知っただけでも今後のユニット育成に大きな影響を与えてくれました

よくよく考えなくても響は基本的には素直なんですよね。その素直さ故の扱いづらさも若干ありますけれども
それでいて淋しがりやだけど、いじっぱり。そして泣き虫。全部自分で抱え込んじゃう子
似たようなことをメガマガだかガイドブックだかでぬーも言ってたような気がしますがまぁよいw
そんな子にこそPがついて、Pにもっと頼っていいんだよ、リーダーだからって自分一人じゃないんだからユニットのメンバーたちに頼ってもいいんだよと気づかせてあげるのがPの役目なのかもしれません
一年後に再開したときに「何かちっちゃくなってないか?」と主に胸部アップで言われるあたり、ある意味宿命になりつつあるのかもねw


【5th】 美希、千早、春香
【ユニット名】 I'mSoHappy
MW00トリオでハッピーハードコア。ありだと思います
戦術はまだ固定されてないものの、衣装と育成方針はほぼ固定化されてきたので割と楽めにトゥルーエンド達成

アレですよね、もう美希は完璧超人というより運を味方につけた某天の道を往く人みたいな感じですね
「俺が望みさえすれば、運命は絶えず俺に味方する」という台詞がすごくしっくりきます
マイペースでめんどくさがりだけど、一途でかわいくてやる気を出したときの無敵っぷりが彼女の魅力
でも個人的にもっと好きなのは、「彼女なりの、仲間へのリスペクトは絶対に忘れないところ」です
ホントはやっぱり根は真面目な子なんですよ、彼女
だからこそ輝くし、笑顔が似合うんじゃないかなって
男としては絶対幸せにしてあげたい女の子の一人なのですが、その前に彼女は自力で幸せを掴み取りそうですw


【6th】 真、真美、貴音
【ユニット名】 GIGA BREAK
かっこいい名前にしたかっただけです。ええ
5th曲の迷走Mindがギリギリジュピター戦でブレーク起きてくれたのでようやくここでどっとっぷ1位の実績解除
戦術もほぼ固定されてきつつトゥルー達成

かっこよさとかわいさを兼ねるアイドルという意味では今までと方向性は変わらないんですよね
髪は伸びても別段女子力が上がってるわけでもなくw真はブレないですね
ある意味一番安心して見ていられたストーリーだったかなーと思います
765プロ三大お馬鹿さんのうち暴走特急担当はむしろ磨きかかってましたし
北斗との絡みもいい味出してましたね。彼は別ユニットのとき美希に「その喋り方キモいの」ってぶった斬られててかわいそうでしたw
何か真が安定しすぎててうまい言葉が浮かばないやー


【7th】 やよい、春香、真
【ユニット名】 HappyHappy
唯一組めるパーフェクトサン組
曲名からしてもうやよいだよねーということでつけましたが、この曲やよいにカバーしてもらえないかしら
5thのキラメキが最終的に72k出て自然増加だけでも1位とれるのがわかった
次のユニットでオールS獲得するための実験的な部分もありましたが余裕でトゥルー

響と同じく自分が頑張らなきゃ、な子
でも臨機応変に上手く立ち回れくて、困ったときに返答に詰まったり行動できなくなる子
そういう部分は自分とよく似てるので親近感が湧くんですよね。だからやよいの気持ちとか考えとか、よくわかる部分も多いです
母の代わりに大家族の面倒をみて、学校行って、アイドルして、ユニットのリーダーもして。そんな彼女を褒めてあげない人間がどこにいましょうか
結果が伴わなくても、たった一人でも、頑張りを認めてくれる人がいるってすごく心の支えになるんですよ
恒例の「お兄ちゃん」は必聴。ストーリーも相まってすごく幸せな気分になれる


【8th】 真美、雪歩、美希
【ユニット名】 True Love
真のユニットにつけるかどうか悩んで結局真美に
18週目に受けたオデで1stのMEGAREがリバイバルしたり、4thのコスコスと5thの土台が連続でスーパーブレイクしたりで総売上枚数が957万と何だかびっくりな感じになりました
2ndと3rdもリバイバル起きれば1000万越えてたかもーと思うとちょっと勿体なかったかもしれない
資金営業が偏りまくってやばかったですが、ギリギリ間に合って最終評価オールSでトゥルー達成
ある程度余裕もってオールS取れることがわかったので、育成方法とスケジュールが完全に固定化できました

真美たちの考え方は特殊ですが、ベクトルとしてはアイドルにすごくよく向いてるのではないでしょうか
自分本位で「真美が面白くなきゃ意味がない」という考え方は、裏を返せば「アイドルが楽しめない仕事なら客も楽しめない」とも取れますからね。本人たちにその気はあるとはあまり思えませんがねw
マセてる部分のある子たちですから、モテたい、彼氏欲しいという気持ちもわかります
でもそれ以上に、真美が「アイドルをしてない自分を想像したら全然楽しくなかった」と言ってくれたのが非常に嬉しかった
まだ自分では気づいていないだろうけど、こういうこともアイドルとしての大きな資質のひとつだと思うのです
そういう意味では765プロ内で一番アイドルを楽しんでるのは彼女たちなのかも


【9th】 千早、貴音、響
【ユニット名】 Evans
通称テープカッターズ
千早ストーリーがやばいと聞いてたのでラスボスに持ってきた。ユニット名もラスボス
戦術も完全固定でオールSとトゥルー

非常に先が読みやすいストーリーでした。似たようなストーリーたくさんあるしな!
元専属Pとしてアケで3周、SPで16周してるのである程度は彼女のことを理解してるつもりですが、最初から最後まで千早らしい、彼女ぴったりのストーリーだったと思います
相変わらず16歳とは思えない強靭な信念と精神力で、歌に生き歌に死ぬ
例え孤独でも、たった一人で歌い続ける。そんな彼女だからこそやっぱり好きなんです
絶対に幸せにしてあげたい。むしろ幸せにしてあげなきゃいけない
今のところ唯一1回でトゥルー見てよかったと思えたストーリーです。バッドとか見たくないw






もうちょっと簡潔にまとめる予定だったのに予想以上の長文になってた
思ったことを適当に羅列してるだけなので読みやすさとか全く考慮してないのは毎度のことですね
しかも書き終えたこの時点で春香さんトゥルー終わってるしね
どんだけ時間かかったんだろね

スポンサーサイト


Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://cyalumeeater.blog134.fc2.com/tb.php/33-1ce479da

[TOP]
copyright (C) 2006 変態紳士へキャストオフ all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。